cromwell

 

 

クロムウェルは、ゲームを中心としたデジタルコンテンツを企画作成する会社です。

 

 

現在からそう遠くない未来。

人間は、悪化した環境に対応した新たな労働力として、人工生命体『ミミック』を生み出した。

赤い瞳を持ち、言葉を話すことも出来ず、10年の限られた命を与えられて生産される彼らは、人の”道具”として社会に広く浸透していった。

主人公「黒羽玲一」は、ミミックの運用を管理する保健公社の調査員。

彼は、ミミックを生産する大企業『バイオウェル』の研究者「緋川双葉」に「自殺」をしたミミックの調査を依頼される。遺伝子操作によって、自我までも制限されているミミックが「自殺」するなどありえないはずなのだ。玲一と双葉、そして玲一の同僚「浅葱夕」は、「自殺」したミミックの調査を開始した。しかし、何故ミミックが「自殺」したのか。その謎を解く鍵を得ることは出来なかった。

一つの共通点を除いては。

彼ら「自殺」したミミックたちは、人から人間同様に愛されていたのだ……。

”ミミック”といったい何だ。

玲一たちは、ミミックの根源を探るため、ミミックの生産拠点。スペースコロニー「ソラ」へと向かう。

だが、「ソラ」に昇る為、宇宙港へと向かう玲一たちに謎の男が襲い掛かる。巨大な体躯と、巨大な剣を振るう人間離れしたパワー。銃弾まで受け止める驚異的なスピード。そして、真紅に光る瞳。

襲撃者は『ミミック』だった。

ただ一つ、人間のように言葉を話すことを除けば……。

その出来事を皮切りに、玲一たちは、ミミックに秘められた大きな謎に巻き込まれていく。

 

■黒羽 玲一(くろは・れいいち)

『特殊対象保険調査公社』の調査員。

面倒臭がりだが、いざというときの行動力は、かなり高い。

ミミックの記憶を覗く“調査用スキャナー”の操作に関しては、常人離れした才能を持つ。

ミミックに好かれる、という特技(?)を持つ

 

 

■緋川 双葉(ひかわ・ふたば)

 CV 石松千恵美

ミミックを最初に開発した緋川博士の孫娘でクールな才媛。

バイオウェル社のスペースコロニー『ソラ』で、ミミックの研究・開発に携わっていた。

 

 

■浅葱 夕(あさぎ・ゆう)

 CV 猪口有佳

玲一と同じ保険公社で働いており、彼に淡い恋心を抱く女の子。

 

 

■ラピス&ラズリ

 CV 伊藤静

新たに「会話」能力を与えられた最新型のミミック。

常に二人で行動し、明るく、無邪気だが、どこか人工的な匂いがする。

 

 

■プリシラ

 CV ひと美

美しい外見と不思議な能力を持つ、謎のミミック。

 

 

■興猫(ふぅなお)

 CV 小橋知子

数多くの武装を内蔵した戦闘用ミミック。

テスト運用中に行方不明になっていた。