cromwell

 

 

クロムウェルは、ゲームを中心としたデジタルコンテンツを企画作成する会社です。

 

 

少年の降り立った町は、高い壁に囲まれていた。

その町の名は、『ロッドタウン』―――。

二百年前の大きな戦争のあと、不思議な能力を持つ子供たちが生まれるようになった。

異質な力―――。

その異質な力を持つ子供たちを、大人たちは恐れた。

『ロッドタウン』は、そんな子供たちを世界から隔離するための町だった。

少年も、力を持つ者として『ロッドタウン』に連れて来られる。

壁に囲まれ、外界から閉ざされた町―――。

その町には、主人公と同じような境遇の少年少女たちが住んでいた。

そんなある日、主人公の少年がロッドタウンの所長に呼び出される。

所長は、少年に命令する。

少年の持つ力を使って、二百年前の飛行機を修理し、再び飛べるようにすることを。

それが少年と少女たちの未来と世界の運命を左右することになることを、まだ彼は知らなかった。

 

■ウォル

 

本名:ウォルター=シュミット

芯のしっかりした少年。

物に手で触れる事で「作ったものの記憶」を感じる事ができる。

手先が器用で、感じた記憶を元に修理するのが得意。

不思議な能力の噂を聞きつけたセンチュリー協会の職員に連れられ、彼はロッドタウンへとむかう。

 

 

■アンディー 

本名:アンディー=マクミラン

楽観的でお調子者の少年。

物の結びつきを緩めてしまう能力を持っている。

人を煽り立てたり、誘っておいて危機になると、いつのまにか自分だけ巧く逃げ出す様な、調子が良い少年だが、どこか憎めないところを持っている。

日曜日になるとどこかにふらりと出かけてしまったり、学校の教師、特にライラ先生に恨みにも似た思いを持っているなど、謎な部分も多い。

 

 

■パット 

本名:パット=ハイネ  CV 前田 愛

明るくおてんばな少女。

危機を予知する能力を持っている。

自らが乗る予定の飛行船が墜落する事を予知し、危機を脱するが、飛行船事故を調査中のセンチュリー協会の職員にその事が知られてしまい、ロッドタウンにやってきた。

助けた友人に能力の事で中傷を受け傷ついた経験があり、他人に予知を伝える事を怖がっている。

 

 

■プリス 

本名:プリス=マイヤー CV 西原 久美子

おしゃまで可愛らしい少女。

炎をコントロールする事ができる能力を持っている。

ウォルをお兄ちゃんと慕い、能力で助けてもらった事でさらに尊敬の思いを抱くようになる。

考え方はまだまだ幼いが思いが一途で頑張り屋さん。

奉仕する事に憧れロッドタウンの診療所で看護婦の見習いをしている。

 

 

■ケティ 

本名:ケティ=ベクレル CV 相澤 舞

おっとりして物静かな少女。

亡くなった人の記憶や思いを感じる能力を持つ。

能力者の少年少女が住む寮の寮長で、お姉さんの様な頼れる存在。

だが、実の所は年長でしっかりしなければと無理をしている感がある。

少々他人と感覚がずれていて、おかしな物に興味があったりする。

 

 

■ビビ

本名:ヴィヴィアナ=アビチェラ CV 野中 カオリ

わがままで勝気な少女。

手で触れている間だけ、触れた物の時間を逆行させる能力を持つ。

物事を考えるより口が先に出てしまい、トラブルの元になる事も多い。

 

 

■ミニー

本名:ミリア=マリア=ガルシア CV 小松 里歌

無口で大人しい性格の少女。

能力者の使う能力を無効化する能力を持っている。

自然を愛し、体を自然の中に置き、木々や風と話をする事が好きで、独りでいる事が多い。

生まれてまもなく能力が発覚。

その特異な能力のため研究施設の中で育てられる。